社内恋愛はきっかけが大切!職場で彼女を作る必勝法とは

自然な形が大事

笑顔の男女

社内恋愛を始める場合は、自然な形のきっかけを作るように気をつけましょう。不自然なきっかけになってしまうと、同じ異性に好意を持っているライバルが登場したり、異性を意識させてしまったりといった状況が考えられるためです。また、好意を伝える時をしっかりと見極めることも大切です。

詳しく見る

手を繋ぐ人

接触の回数は重要

社内恋愛をきっかけにすべき人の特徴は、早く恋人を作って結婚を実現したい考えを持っていることです。社内恋愛をきっかけに恋人同士になれば顔を見かける機会は多く、共に仕事をすることもあるので一緒に過ごせる時間は多いです。

詳しく見る

男性女性

職場恋愛のメリットとは

社内に良い雰囲気の異性を見つけたら、自分からきっかけを作ってアプローチすることが大切です。普段の挨拶で印象付けておき、飲み会などのイベントで接近してみましょう。同じ会社にいる相手は、悩みなどを相談して分かり合えるので、社内恋愛に発展することが多くなります。

詳しく見る

ハートを持つ人

社内に好きな人がいる場合

社内恋愛がきっかけで結婚したというカップルは珍しくなく、結婚する方法としては一般的です。もし社内恋愛のきっかけがわからないという時は挨拶から始めて、社内の飲み会などのイベントに積極的に参加してみましょう。

詳しく見る

男女

始まりの見つけ方

社内恋愛のきっかけは、同じ趣味を持つことや頼りがいのあるところを示すことにより掴めます。飲み会でアルコールの力を借りてみたり、気になる相手と同じ仕事をすることにより、物理的かつ精神的に距離を詰めるのも有効です。

詳しく見る

会社での恋愛の注意点

レディ

周囲に祝福される事が大切

社内恋愛はちょっとしたきっかけで始まることが多いものです。たとえば仕事上のミスをフォローしてくれたり、疲れている時にいたわりの言葉をかけてくれたことにより相手を意識し始めることもあります。なんとなく気が合うからということで、友人関係から社内恋愛に発展することも多いのです。社内恋愛は実に様々なことがきっかけになって始まっていくのです。しかし偶然だけではなく故意にきっかけをつくって社内恋愛に持ち込むこともあります。この場合、興味や恋愛感情を抱いている相手の気を引くためのきっかけをつくるのです。仕事を手伝ったり、特別に差し入れをしたりするなど様々なきっかけををつくり相手に近づきます。しかしこれはしつこいと返って相手に嫌がられることもあります。また一人だけ特別扱いすると周囲に反感を持たれることもあるのです。目立たないように適度に行うことも大切です。社内恋愛を結婚に進展させるには職場の人間関係も大切です。恋人同士だからと言って仕事中にベタベタしていては職場の雰囲気も悪くなります。会社では恋愛感情抜きに仕事に徹することが大切です。真面目に仕事をしていれば周囲も二人の関係を認めてくれます。場合によっては職場で恋愛関係を隠して、結婚が決まってから周囲に知らせることもあります。結婚が決まったからといって浮かれたりしていてはいけません。周囲の祝福の言葉を素直に受け止め普段通りに仕事をすることが大切なのです。

Copyright© 2017 社内恋愛はきっかけが大切!職場で彼女を作る必勝法とは All Rights Reserved.