一戸建ての価格

土地選びは住みたい場所を選ぶべき

一戸建ての価格は、土地の価格と建物の価格によって決まります。当然土地が高い地域では、一戸建ての価格は高くなるというわけです。一坪あたり数万円のところから百万円を超えるところもあります。これだけ価格に差があると一戸建ての価格にも大きな開きが生じます。 一方、建物の価格と言うのもどの程度のものを建てるのかで大きく変わってきます。最近では、ローコスト住宅というのが販売されており、600万円ぐらいで一戸建てが建てることができるようなりました。しかしながら、資材や間取りなどにこだわって作ると数千万円かかる場合が多いです。 このように一戸建ての価格は条件によって大きく変わりますが、一番売れ筋の価格帯は土地建物込で3000万というところです。

一戸建ての価格と言うのは今後少し下がってくるかもしれません。人口減少により需要がなくなってくると価格が落ちます。 地方都市のほうが価格の下落幅は大きくなると思われます。土地価格が大きく下がりますので、必然的に一戸建て価格も下落するのです。 一方で、都市部の人気居住地域では一戸建ての価格は下がらないでしょう。もともと土地の価格が高いですし、土地も少ないのが現状です。そのため、需要もある程度あり一戸建ての価格低下は起こらないと思われます。このような土地を購入すると資産価値が高くなり安心です。 しかしながら、自分が住みたい場所に建てるというのが一番ですので、土地価格の低下などは気にせずに土地を選ぶとよいです。